地頭とは

いわゆる「頭が良い」「勉強ができる」子どもたちは、学校の授業を一度で「理解する力」がきちんと育っています。

その力をあるふぁんでは「地頭」と呼んでいます。

「聴く力」と「読む力」は、

「理解力」に直結します。

あるふぁん大阪校
入会までの流れ 料金案内 無料体験受付中 地頭とは

話を聴いて理解することが苦手。

教えても忘れてしまう。

文章を読んで内容を理解するのが苦手。

 

その原因は、「音声を聞いている」けれど「聴けていない」、「文字を追う・音読する」だけで「読めていない」ということではないでしょうか。

 

あるふぁんでは、お子様ひとりひとりの「苦手」に応じて指導し、地頭を鍛え、理解力を伸ばしていきます。

■「地頭」の重要性

「理解する」ことは「考える」ことに繋がります。大人になっても、自分で考え行動することは常に必要です。勉強面だけでなく、生きていくうえでも自ら考えられる人になるためには、地頭を鍛えておく必要があります。

 

地図

大阪府大阪市西淀川区大和田6-9-8

ラフィーネ井上1F

阪神なんば線「出来島駅」より

徒歩 約5分

「ワンズ卓球場西淀川」が目印です

★ Google Mapでみる ★

TEL: 06-6195-2700

E-Mail:contact★alphan-osaka.link

★をアットマークに変えてお送りください